2日前に投稿
1週間前に投稿
Amazon.co.jpは、本日2014年9月19日より、Kindleコミックと雑誌の読書に最適な、ブラウザ専用アプリケーションKindle Cloud Readerの提供を開始いたしました。
Amazon.co.jpは2012年10月に日本でKindleストアをオープンして以来、「お客様が購入した本をいつでもどこでも楽しめる」ことを目標にしております。一度ご購入いただいたKindle本は、Amazonの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteやタブレット端末Kindle Fireシリーズはもちろん、お客様が普段お使いのスマートフォンやタブレットなどでもお楽しみいただけるよう、各種端末に対応したKindle読書アプリのラインナップ拡充に注力して参りました。これまでにKindle読書アプリはiPhone、iPad、iPod touch、Android携帯とタブレットに対応しており、さらにSamsung端末では専用のKindle for Samsungがご利用いただけます。

そして本日、Amazon.co.jpは新たに、Kindle Cloud Readerの提供を開始いたしました。Kindle Cloud ReaderはKindleコミックと雑誌をコンピュータのブラウザ上でお楽しみいただくためのブラウザアプリケーションです。Kindle Cloud Readerはクラウドを使用しているので、ブラウザさえあればアプリのダウンロードやインストールをすることなく、いつでもPCやMac上での読書が可能です。またコンテンツをダウンロードできるため、インターネット接続のない環境でも、オフラインで読書をお楽しみいただけます。

Kindle Cloud Readerは、他のKindle読書アプリと同じく、どのページまで読み進めたかという読書の進捗情報をKindle端末やKindle読書アプリをお使いの各種端末間で同期させることができます。いつでもどの端末からでも、前回読み終えた箇所から読書を再開できます。

Kindle Cloud ReaderはInternet Explorer、Firefox、Safari、Chromeをサポートしており、こちらのURLからアクセスできます。http://www.amazon.co.jp/cloudreader

Kindle Cloud Readerの主な機能:
  • 83,000冊以上のKindleコミックおよび雑誌を、購入後すぐに読むことが可能。
  • コミック期間限定無料タイトルも、すぐに試し読み可能。
  • コミック・雑誌は見開きで表示。
  • 270万冊以上の洋書にも対応。
  • PC/Mac上にコンテンツをダウンロードすることで、インターネット接続の有無に関わらず読書が可能。
  • お手持ちのKindle書籍ライブラリ全体をブラウザ上に表示させることが可能。
  • Kindle Cloud Readerアプリのソフトウエアは自動的にアップデートされ、常に最新バージョンを利用可能。
  • Kindle端末とKindle読書アプリを利用している各種端末間で、読書の進捗状況が同期され、どの端末からでも前回読み進めたページから読書を再開することが可能。

アマゾン ジャパン株式会社のバイスプレジデントであり、Kindle事業本部長である玉木一郎は次のように述べています。「私たちが目指しているのは、お客様が一度ご購入いただいた本をいつでもどこでも読めるようにすることです。Kindle Cloud Readerの提供開始により、その目標に一歩近づけたことを大変嬉しく思います。Kindleのコミックや雑誌を楽しまれている数多くのお客様からは、既存のスマートフォンやタブレット端末だけでなく、PCやMacの大きな画面を使って見開きで読みたいというご要望を多くいただいていました。そのようなお客様の声に応え、今回はコミック・雑誌用に新たな機能を開発いたしました。ぜひKindle Cloud Readerを使って、コンピュータ画面での快適な読書をお楽しみください。」

Kindle Cloud Readerの対応ブラウザは、Google Chrome 20、Mozilla Firefox 10、Safari 5、Internet Explorer 10、iPad版Safari (iOS 5)以上となっております。Kindle Cloud Readerについて、詳細はこちらをご覧ください。http://www.amazon.co.jp/cloudreader
2週間前に投稿
2週間前に投稿

インスタントコーヒーそのものにも変化が起きている。スーパーやコンビニの棚はインスタントコーヒーの瓶に代わってスティックコーヒーが占拠するようになった。スティックコーヒーとはインスタントコーヒーに砂糖や粉末のミルクを加えて、1杯分ずつ小分けし、スティック状に包装された商品。カップに入れてお湯を注ぐだけでカフェオレやカプチーノが楽しめる。スティックコーヒーのシェアトップは味の素ゼネラルフーヅの「ブレンディスティック」。ネスレの瓶入りネスカフェをしのぐ勢いで伸びている。

●進む「レギュラー志向」

 インスタントコーヒーで家庭を制圧したネスレが次に打った手が、家庭でも本格コーヒーを味わえるようにすることだ。カプチーノやカフェラテ、エスプレッソといった専門店顔負けのコーヒーを、ボタンを押すだけで1杯ずつ抽出してくれるコーヒー専用マシンを投入した。同社の世界初の家庭用コーヒー専用マシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は09年4月に日本で発売以来、販売台数は年々増加し、14年5月には累計で200万台を突破した。10月からはレギュラーソリュブル専用マシンの価格を9000円から5980円に値下げする予定であり、オフィス向けのマシンの無償貸し出しでは、運輸業界や高齢者施設などへの設置も始めた。

 かつてインスタントコーヒーは家庭、レギュラーコーヒーは喫茶店とすみ分けがあったが、今はファーストフード店やコンビニでは100円でレギュラーコーヒーが飲める。コーヒーの飲用機会は多様化した。いれたてレギュラーコーヒーを手軽に買えるようになり、今後インスタントコーヒー市場はますます縮小するという危機感は強い。

 ネスレがレギュラーソリュブルコーヒーに呼び名を変えたのは、インスタントコーヒーという名称はすでに時代遅れで、消費者に訴える力を失ったと判断したためであり、「レギュラー」という呼称にこだわるのは「おいしい」という印象を消費者に与えるためだとみられている。

2週間前に投稿

インスタントコーヒー市場で7割のシェアを握るネスレ日本は、全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会の4業界団体を退会した。

 ネスレは昨年9月、主力商品の「ネスカフェ ゴールドブレンド」などで新製法を採用。これに伴って表記も53年間使ってきたインスタントコーヒーから、英語の「溶ける」にちなんだレギュラーソリュブルコーヒーに変更した。ところが、全日本コーヒー公正取引協議会は今年6月に開いた総会で、「インスタントコーヒーではないと消費者に誤認される」として表記変更を認めなかっただけでなく、広告上もこの名称を利用できないようにするため、業界の自主ルールである公正競争規約を改めた。これにネスレが反発し、同協議会を含め、関連団体に所属したままだと新名称は使えなくなることから脱退を決めたという。ネスレがネスカフェブランドの一部商品にソリュブルと表記し始めたのは2010年。以降、分類をめぐって協議会で論争が続いていた。

 小売り店などの店頭で販売されるコーヒーには、消費者を混乱させないため、コーヒー豆から直接つくるレギュラーか、抽出液を乾燥させた粉末を使うインスタントかを表示するという業界ルールがある。コーヒー豆から直接つくるレギュラーか、抽出液を乾燥させた粉末を使うインスタントかの違いだ。ソリュブルはどう分類すべきか、結論を出せずにいた中で、ネスレは主力のゴールドブレンドなど、もともとインスタントだった全商品をレギュラーソリュブルに変えた。ネスレはこれを「インスタントとは違う新製法だ」と主張してきたが、協議会は「基本的には抽出液を乾燥させたインスタント」と結論づけ、表示を認めず、今回の脱退騒動に発展したのである。関係者によると、「業界団体側は『ソリュブルという表記なら認める』と歩み寄ったが、ネスレ側がレギュラーソリュブルにこだわり、話し合いは決裂した」という。

●縮小するインスタントコーヒー市場

 ネスレ日本はスイスの世界最大の食品メーカー、ネスレの日本法人で、日本ではコーヒーが主力。名称変更にこだわる背景に、インスタントコーヒー市場の縮小がある。同社はインスタントコーヒーの元祖で、1960年に発売したインスタントコーヒーは大ブームを巻き起こし、家庭に普及し、ネスカフェはインスタントコーヒーの代名詞になった。

 しかし今、インスタントコーヒー市場の縮小が進む。全日本コーヒー協会の統計によると、インスタントコーヒーの国内消費量は生豆換算で2010年は9.9万トンだったが、13年は9.2万トンに減った。14年1~5月は3.6万トンと前年同期より5%の減少。今年1年間で9万トン割れは必至だ。

 逆に大きく伸びているのがレギュラーコーヒーである。13年は前年比6%増の35.3万トンと過去最高の消費量を記録し、14年1~5月は15.4万トンで前年同期より5%の増加。今年1年間では36万トン台と過去最高を更新するのは確実だ。

 コーヒー市場を劇的に塗り替えたのがコンビニエンスストアである。13年1月、最大手のセブン-イレブンが店内でセルフ式ドリップコーヒー「セブンカフェ」を導入。1杯100円というお手軽価格が受けて1年強で5億杯を売り上げる大ヒット商品となった。大手コンビニ5社の合計で14年度は13億杯を見込んでおり、前年度の7億杯からほぼ倍増するという。家庭用コーヒーの定番であったインスタントコーヒーはコンビニコーヒーの快進撃にのみ込まれてしまった格好だ。

2週間前に投稿

手に入る機会が少ない“幻のラムネ”と話題を呼んだ「レインボーラムネ」を販売するイコマ製菓本舗は、9月22日(月)から予約受け付けを開始します。数量限定のため、購入できるのは抽選で当たった場合のみ。応募方法ははがきで、9月27日(土)到着分まで有効です。3月に実施した抽選販売では、14万1400通の応募がありました。
手に入りにくい“幻”のレインボーラムネ、9/22から抽選予約開始 前回は約14万通の応募

▽ ラムネ菓子のイコマ製菓本舗

レインボーラムネは、カラフルな色合いと溶けるような食感が特徴です。同社が販売する際ははがきでしか予約を受け付けず、抽選で当たった場合のみ購入できることから、なかなか手に入らない“幻のラムネ”として注目を集めました。

今回の抽選予約は、9月22日から9月27日までに到着した応募はがきが対象です。注文できる数は1住所につき12袋まで。郵送またはイコマ製菓本舗(奈良県生駒市)店頭のいずれかで受け渡します。販売価格は、1袋750グラム入りで500円(税込)。当選者には、受け付け終了後2週間以内にはがきで連絡するとしています。

同社によると、3月に実施した抽選販売の応募総数は14万1400通、当選者数は3,500人でした。

3週間前に投稿
3週間前に投稿
3週間前に投稿
3週間前に投稿

http://agora-web.jp/archives/1611827.html

アメリカ人はなぜ年収300万円で200㎡の新築戸建に住めるのか —- 内藤 忍